血液クレンジングで血液の健康を維持しよう!

血液クレンジングとは?

日本ではまだあまり知られていない「血液クレンジング」。ドイツやイギリスなどのヨーロッパでは自然治癒力を向上させる治療法として歴史のあるオゾン療法のひとつです。イギリスのエリザベス女王の母である「クイーンマム」が、アンチエイジングの目的で定期的に受けていたことでも知られています。

「血液クレンジング」は、少量の血液を採血し、酸素を含んだ医療用のオゾンで浄化し、キレイになった血液を体内に戻します。酸素を含んだ浄化された血液が体内を循環することで、全身の細胞が活性化し自然治癒力がアップします。

血液クレンジングの効果は?

血液は酸素や栄養素を体中の細胞に届け老廃物を回収したり、体温を維持したりする役割があります。その血液の流れが悪くなると、老廃物が溜まり排出されにくくなるため、肩こりや冷え、頭痛などの慢性的な体の不調を引き起こす要因となっています。免疫力が低下することでウイルスなどに感染しやすくなり病気の原因となる場合があります。血液クレンジングで浄化された血液が全身を循環するようになると、慢性的な冷えや浮腫みが改善し頭痛などの痛みが軽減します。また、新陳代謝も良くなり肌のターンオーバーが整うため美肌にも効果的です。

浄化された血液は血管の劣化を防ぐ働きもあり生活習慣病などの予防にもなり、美容や健康に関心のある方にはおすすめの療法といえます。

血液クレンジングは1回の治療でも効果を感じることはできますが、継続することで血液を良い状態のまま保つことができます。

血液クレンジングは、身体中の老廃物を体外に排出するために有意義な施術として捉えられることがあり、各地の美容外科で導入が進んでいます。