永久脱毛が出来る!?レーザー脱毛の原理をご紹介!

黒いメラニン色素に吸収されるレーザーの特性

レーザー脱毛は医療行為が認められているクリニックなどの病院で行われている美容施術です。

医療レーザーはダイオードなどの光を利用したもので、肌に照射すると毛穴の奥にある毛母細胞組織にレーザー光線が集まる特徴を持っています。

レーザー光線は黒いメラニン色素に吸収されやすい性質があります。

ムダ毛にレーザー光線が多く吸収されると、熱照射で毛母細胞組織は破壊される事になります。

細胞組織を破壊するほどのパワーを持つのがレーザー脱毛の特徴でもあり、高いパワーは永久脱毛に繋がります。

ちなみに、メラニン色素は毛周期の中でも成長期段階のムダ毛に多く含まれるもので、休止期や退行期に入ったムダ毛はメラニン色素が薄くなるので脱毛効果は弱くなります。

そのため、毛周期のサイクルに合わせて繰り返し施術を受ける事が大切です。

肌質や毛質に合うレーザー脱毛

美容皮膚科や脱毛専門クリニックの中にはレーザー脱毛器を数種類用意している病院があります。

レーザー脱毛器の原理は同じでも、レーザー光線は肌質や毛質などに応じて効果が変わるのが特徴です。

複数のレーザー脱毛器を用意している病院の場合、自分に合うレーザー脱毛器を選んで施術が出来る事からも、脱毛の効果をより高められるメリットがあります。

さらに、最新鋭のレーザー脱毛器は従来の脱毛器と比べると施術時間が短くなるなどのメリットもあります。

尚、1度の施術時間が短いレーザー脱毛の場合、1日に施術を行える人数が増えるので、予約の取りやすさにも繋がります。

永久脱毛と呼べるだけの高い効果のある医療レーザー脱毛の施術を受ける為には、美容系のクリニック等、医療機関に行く必要がります。